その慰謝料、納得してますか?

交通事故の被害者になってしまった!
誰にでも可能性があることです。
気を付けていても、もらい事故の場合は気を付けようがありませんからね…

交通事故の被害者になると、加害者側と慰謝料・示談金の交渉が始まります。
交渉自体は直接加害者とする場合もありますが、ほとんどが相手側の保険会社との交渉になるのではないでしょうか。
そのときに慰謝料・示談金の提示があると思いますが…
実はこの金額、納得できない金額を提示されることがあります。

被害者としては、ケガをした場合は入院費・通院費などでかかった医療費。
仕事をしている人は、休んだ場合の保証。
後遺症が出てくるのではないか?
いろいろと心配ごとがありますよね。

しかし保険会社はプロ。
ある程度の価格を提示して、その金額を支払って終わり。なんてこともあるのです。

ケガの具合などによっては「その金額じゃ少ない」「不安だ」と思う被害者の方も多いと思います。
また、金額交渉をしても担当者が無責任だったり態度が横柄で、交渉がうまくいかない…なんてこともよく聞きます。

こんな交通事故の慰謝料問題に巻き込まれた・納得できない!
そんなときはどうやって解決しますか?

一般人の自分だけで解決するのは難しいことはわかりますよね。
なのでプロに頼みましょう。
弁護士や司法書士に相談することで、納得できる慰謝料をもらえる場合があります。
まずは相談してみましょう。
交通事故の慰謝料問題を相談したいと思ったら、こちらのサイトで事務所探しをしてみましょう。
全国対応や初回相談無料の事務所もありますよ。
納得のいく慰謝料をもらうために!参考にしてください。

Posted in 法律関係 at 3月 18th, 2014. No Comments.

借金と債務整理の解決までが書かれたサイト。

今ある借金問題や債務整理に関する解決を望んでいらっしゃる方々へ。
このサイトをご覧いただければ、解決方法や解決の流れがすぐに分かります。

xn--o9jt86g5maw4ep60bp5tjv1c.jp

まず、解決方法のコンテンツでは、いくつかの質問に「はい」と「いいえ」で答えていくだけで、

・過払い金返還請求
・任意整理
・個人民事再生
・自己破産

とそれぞれの解決方法が分かります。
そして、それぞれの解決方法の詳細が書かれているので、きちんと読んでおきましょう。
それぞれのメリットとデメリットもしっかり書かれてありますので、解決方法の把握を心掛けることが重要です。

特に「自己破産」に関しては、良いイメージを持っている方はほとんどいらっしゃらないかと思います。
ですが、実際は自己破産を選択することで今後の生活をリスタートさせることができるという点からも、決してマイナスイメージだけではないのです。

そして、解決の流れのコンテンツでは、どのような流れで解決になるかが分かりやすく記載されています。
まずは慌てずに順序どおりに物事を進めていくことが重要になります。
最も重要な最初の相談で、悩みについてしっかりと話し合いをしてください。
うまく話をまとめることができそうにない方は、あらかじめ紙に箇条書きで話の道筋を立てておくとよいでしょう。

Posted in 未分類 at 2月 27th, 2014. No Comments.

交通事故の慰謝料でもめた時は…

交通事故にあうと、被害者側と加害者側で慰謝料や示談金の交渉が始まりますよね。
この交渉がスムーズにいけば、どちらにしてもありがたいと思います。

しかし、場合によっては加害者が慰謝料を支払う気がない・保険会社の担当者が横柄な態度をとる・通院費や入院費がかさんで支払ってもらえるか心配…
被害者側としては、いろいろと心配なことが多いものです。
そしてその心配ごとが現実となり、慰謝料問題でもめることも多いのが交通事故。
どうしても解決できないとき…あなたならどうしますか?

こういう慰謝料問題は、もめてしまったら穏便にスムーズに解決するのが難しくなりがちです。
しかも保険会社の担当者が口がうまいと、それにのせられて十分な慰謝料をもらえなかった…なんて事例もよく聞きます。

このようなときは、迷わずにプロに相談してみましょう。
実は交通事故は弁護士や司法書士などに相談することで、スムーズに解決できることがあります。
法律のプロにおまかせすると、適切な価格の慰謝料をきちんと支払ってもらえたという事例もたくさんあります。

最近では交通事故の事例につよい弁護士・司法書士事務所もたくさんありますから、探してみてはいかがですか?
中には初回相談無料など、お得なところもあります。
近所の事務所を探すには、インターネットを活用したり法テラスなどに相談すると見つけやすいですよ。

泣き寝入りしないように、プロに相談して解決するという方法も考えておくといいでしょう。

Posted in 未分類 at 2月 13th, 2014. No Comments.

借金の返済に困ったら一人で悩まず相談を

個人で事業をされている方が思うように業績が伸びず、資金繰りに困窮し事業を存続できないといった事態に陥るといわゆる倒産というカタチになってくると思います。個人の場合で具体例を挙げると、契約社員として務めていた会社から契約解除の通知を受け、次の就職が決まらないままその状態が長く続くと、生活を維持していくことが困難になりどうしようも出来なくなった状態でしょうか。
事業を行っている方も個人の場合でも、そのようなときには借金をして当座を乗り切るようにします。それは企業を存続させるためや、個人が生活をしていくためにそうせざるを得なくなるということでしょう。

このように様々な状況によりお金が必要となり、借金を継続していくといずれ破綻することもあるのです。そんな時誰に相談されますか? 身内の方ですか? それとも友人などですか? このような借金は自分で作ってしまった場合は言えないものです。

だから取り返しの付かない事態にまで悪化してしまうことが往々にしてよくありがちですね。なので今では借金返済のために弁護士や司法書士が債務整理などの無料相談会や、ホームページなどでメールでの無料相談を実施しているので、そちらを利用されるのがおすすめです。この分野の専門家ですので、適切な方法でその処理手続きを行ってくれるので、取り返しの付かないうちに早めの相談をすることが大事でしょう。

Posted in 未分類 at 2月 13th, 2014. No Comments.

債務整理の中の民事再生とは。

首が回らないほどに苦しめられている借金を、どうにかしたいとお考えのみなさまへ。
「債務整理」によって、解決へと大きな一歩を前進することができます。

債務整理のひとつとして挙げられる、「民事再生」について詳しくご説明いたします。

民事再生とは、借金額を大きく減らすことができる方法になります。
家庭の経済状況などを考慮したうえで、裁判所から「現在ある借金は返済が困難である」ということを認めてもらい、そのうえで減額後の借金をおよそ3年で分割返済していくという手続きになります。
減額は、5分の1から最大で10分の1となっており、大幅な減額が期待できます。

民事再生が適用となる対象の方は、
・借金総額が5000万円以下の方(住宅ローンはのぞく)
・返済不能になる可能性がある方
・継続して一定の収入を得ることができる方
となっています。

民事再生のメリットとして、
・一定以上の高額財産は維持することができること(住宅など)
・財産の処分を行う必要がないこと
・資格制限による一定の職業への就労制限がないこと
といったことが挙げられます。

住宅ローンは減額対象外になりますが、住宅を手放さなくてよいということは大きな支えになってくれます。

Posted in 未分類 at 2月 13th, 2014. No Comments.